当薬局は相談薬局と並列して薬局自家製剤製造販売や保険調剤・在宅訪問服薬指導サービスも行っております。

平成16年にクリニックを開設した事で、薬局とクリニックの連携が可能になり、

患者様の情報を共有する事で、医療ミスやお薬の軽減化に成功しました。

※保険調剤は処方日より4日以内の処方箋に限ります。

当薬局は保険薬局なので、全国どこの処方箋も受付致します。
外来服薬支援や在宅療養支援調剤をご希望の方はお気軽に御相談下さい。

 ○ 新井耳鼻咽喉科医院 ○ いばらき診療所みと ○ 茨城県立こども病院 ○ 岩間東華堂クリニック

 ○ 小沢眼科内科病院附属五軒町診療所      ○ 河内クリニック   ○ 志村病院

 ○ 高根耳鼻咽喉科医院 ○ 中央泌尿器科クリニック           ○ 中央ますいクリニック

 ○ 水戸医療センター  ○ 水戸協同病院    ○ 水戸済生会総合病院 ○ 水戸赤十字病院

 ○ 宮川内科クリニック

当店では以下のサービスを提供しております。どうぞお気軽にお申し付け下さい。

【 無料サービス 】

(1)お薬手帳の交付

  お薬手帳の記載、確認等については[薬剤情報提供料]算定に基づく調剤報酬が発生するため、処方箋受付1回につき、

 医療負担割に応じた料金がかかります。血糖手帳、血圧手帳の交付はクリニックにて行います。

(2)薬剤情報提供書の発行

  当薬局では、薬剤情報をA4用紙に印刷します。発行の必要が無い方はお知らせ下さい。

(3)お薬や健康食品、サプリメントなどのご相談

  日常飲んでいるサプリメントがあなたに合うかどうかや、増えすぎたサプリメントの一本化等のご相談をしております。

  営業時間外では、メールでの対応をさせて頂いております。お時間を頂く場合もございますので、ご了承ください。

【 有料サービス 】

(1)軟膏壺,溶剤容器を使う製剤

  1個100円、100g容器は150円です。通常調剤で必要な場合でもお代がかかります。

(2)手持ちの薬の整理

  「外来服薬支援料」算定に基づく調剤となり、1回に付医療負担割に応じた金額がかかります。

  三割負担で560円、1割負担で190円です。

(3)在宅訪問調剤

  在宅調剤は医師の指示が必要です。負担割に応じた医療負担に加え、別途交通費がかかる場合がございます。

(4)営業時間外調剤

  営業時間外でも可能な限り、調剤応需致します。尚、処方箋なしでは調剤はできません。

  また、[時間外加算]、[休日加算]、[深夜加算]算定の対象となり、割高となります。

【 岩間東華堂薬局の施設認定一覧 】

医薬品取扱品目:1906種類(平成30年4月1日現在)

 ○厚生労働省基準適合健康サポート薬局      ○茨城県指定セルフメディケーション支援薬局  

 ○健康介護まちかど相談薬局           ○ヘルシースポット指定薬局  

 ○薬学生実務実習受入施設・JPEC研修受入施設  ○茨城県禁煙・分煙認証施設

 ○いばらき結婚・子育て応援宣言登録企業 等   ○先天性血液凝固因子障害等治療研究委託保険薬局

 ○生活保護法指定医療機関            ○結核予防法指定医療機関  

 ○指定自立支援医療機関(精神通院医療)       ○被爆者一般疾病医療機関

 ○指定通院医療機関               ○労災保険指定医療機関   

 ○難病医療費助成指定医療機関          ○茨城県肝炎インターフェロン治療費助成事業指定薬局  

【 医療や介護の仕事に関わる方へ 】

医療関係者(医師、看護師等)、介護関係者(ケアマネージャー、介護福祉士、介護施設にお勤めの方等)の方で、

訪問リハビリ鍼灸や在宅服薬管理指導、薬剤師訪問医薬品相談を勧めてみたいと、

お考えの方がいらっしゃいましたら、是非一度、当薬局までご連絡ください。

訪問リハビリ鍼灸や在宅服薬指導を始めるに当たっての手続きの説明もさせて頂きます。

当薬局では、患者様に最適な施術環境を提供できる店舗を目指し、日々、患者様の希望に沿える様に心がけております。

また、患者様・ご家族様の負担とならない様に、必要な書類関係はできるだけ代行させて頂いております。

【 医療用医薬品の販売について 】

処方箋に基づく薬剤の販売が原則ですが、当薬局では、

「厚生労働大臣の指定を受けた医療用医薬品以外の医療用医薬品」を、以下の条件で自費提供できます。

      ①小分け調剤(自費調剤)は、薬剤師が情報文を添えて対面相談の上、必要と判断された場合のみに行います。

      ②必要最低限の分割調剤ですので、原則として箱で請求する事はできません。

      ③劇薬、毒薬に関しての小分け(零売)は、劇薬毒薬譲受書に記銘して頂きます。

      ④薬歴作成の為、販売品目・相談販売日・住所や既往歴等、患者様個人情報をお聞き致します。

      ⑤必要な場合、受診推奨を致します。

「厚生労働大臣に指定を受けた医療用医薬品以外の医療用医薬品」かどうかを調べたい場合には、

厚生労働省作成のホームページで調べることができます。

 http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html

                                   管理薬剤師 岩間 賢太郎